じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

新型コロナの影響でビデオ会議ツールZoomを導入


こんばんは。

来週から弊社でも積極的に在宅勤務や時差出勤が行われるようになりました。とは言っても完全に在宅というわけには行かず、各々の業務に合わせてという条件付きなので、自分はあまり変わらない日々になる予定なんですけどね。

 

ただ、それに合わせて毎月の会議も、次回からは在宅勤務に配慮してZoomを利用することになりました。一時期はセキュリティの問題のネットニュースを目にした程度だったんですが、緊急事態宣言前後から直近の国内での流行に合わせるように、存在を知らなかった自分のような普通の人にまでZoomというツールが浸透しつつあるように感じます。

 

f:id:jun_0017:20200412165649p:plain

Zoomを調べてたら上場してたんですね

来週の会議に先立って、自社のPCや貸与されているスマートフォンにアプリをインストールして、サクッとテストミーティングは行ってみました。"Zoom"、"使い方"なんてワードで検索すると色々と情報は出て来て、最近の流行を感じます。

 

色々とインストール、使い方等を調べてみましたが、比較的簡単に利用できますね。画面共有等の便利機能は試していませんが、複数人のビデオ通話だけならすごく簡単でした。ふと、上場してたりするのかなぁって調べてみると、しっかりとチャートが出て来ましたよ。

 

f:id:jun_0017:20200412170716p:plain

 

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは米国のソフトウェア開発企業。クラウドプラットフォームを使用したマルチデバイス対応のビデオ会議、音声会議、チャット、ウェブセミナーなどのビデオコミュニケーションサービスを企業向けに提供。独自のデータ圧縮技術により、モバイル回線でも安定したサービスの提供を実現。本社所在地はカリフォルニア州サン・ホゼ。 

 

設立は2011年4月 、2019年4月に上場していました。

初値は65ドルでしたが、現在の株価はというと約2倍近くの124.51ドルです。新型コロナウイルスの流行の見え始めた1月から3月は特に堅調で一時は160ドルに迫る勢いでした。自分の保有している株価は軒並み下げ続けていた時期に、しっかりと上げていたようです。

 

今は世界的な在宅ワークの流れから、利用者急増を見越して株価も急上昇で推移したのでしょうが、このビデオ会議の流れが定着するのかどうか、ですかね。ユーザー数は急増しているかもしれませんが、基本料金無料のパーソナルミーティングが大半でしょうからね。弊社もまずはお試しに無料版のみで利用します。

 

f:id:jun_0017:20200412171612p:plain

Plans and Pricing - Zoom

 

今後、弊社のような無料サインアップ組でのユーザーが、継続的なZoomを利用したオンライン会議の運用に代わり、またプロ、ビジネス向けの有料サービスを利用するようなことになれば、収益貢献に繋がる可能性もありそうです。

まずは、弊社のアカウント運用の動向から把握してみまーす(笑)。

 

米国株はSBI証券とマネックス証券を利用しています