じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

隠れ優待銘柄/オンキヨーから議決権行使のお礼が届きました(2020年9月)


こんばんは。

6月に書いていたオンキヨー(6628)から「議決権行使」のお礼が届きました。現在保有しているものでは大黒屋(6993)、ブロードメディア(4347)からも頂いていますが、「議決権行使」のお礼のクオカード500円分はやっぱりおいしいです。

 

www.junvestment-diary.com

 

f:id:jun_0017:20200909184227j:image

議決権行使のお礼でクオカード

 

f:id:jun_0017:20200909164728p:plain

 

13年12月に145円で購入をして、20年7月21日を基準日として5株につきを1株の割合で株式を併合されました。細々と300株保有していたオンキヨーも60株になっちゃいました。

含み損も△95%前後まで拡大しています。もう今更売却することもなく、ただただ放置をしているだけですね。

議決権の行使のお礼が来年以降も続くとは限らない

 

f:id:jun_0017:20200909164844p:plain

 

オンキヨーはもともと株主優待として、自社サイトのクーポンが設定されています。3月末は「ONKYO DIRECT」クーポンコード、9月は「e-onkyo music」クーポンコードを頂くことができます。3月のクーポンは使い勝手が悪く、毎回無駄になっていますが、9月のクーポンはひっそりと頂いていましたが、今後は頂くこともできなくなりそうですね。

 

昨年に続き2回目の「議決権行使」のお礼のクオカードでしたが、来年以降も続くのであれば、無配のオンキヨーにとってはありがたいですよね。1年間でクオカードが500円もらえるのなら、現在の株価なら利回り13.88%前後と非常に高利回りです。

 

過去、これまでにも複数の銘柄から株主優待の設定はないものの、「議決権行使」のお礼として、クオカードを実質株主優待みたいな扱いで頂いていました。この場合は議決権行使をする議決があればという条件付きでしたが、ほぼ定例的で隠れ優待銘柄でした。

 

招集通知ではなく、出席票となっています。今まで、株主総会の招集通知の場合は議案があって、議案に対して賛否を選択してネットまたはハガキで返信をしますよね。今回の大黒屋ホールディングスは報告のみで議題は特にないようですね。

アークと大黒屋ホールディングスから株主総会招集通知を受領 - じゅん@投資家志望の投資日記

 

ただ、過去に議題がないために、「議決権の行使」のお礼を頂けなかったことがあります。議題があるかどうかは、株主招集通知が届くまで分かりませんからね。隠れ優待銘柄と思っていても毎回いただける訳ではないので注意は必要です。

「議決権の行使」のお礼であって、議決権行使するための議決事項がない場合は、当然議決権行使の場がないので、クオカードを頂くことが出来ません。

 

今回は2年連続で「議決権の行使」のお礼を頂けましたが、来年も続くかどうかはなんとも判断しかねますね。定例的に毎回お礼が頂ければいいんですけどね。併合後、60株を△95%で保有し続けているので、わざわざ損切りをするつもりはありません。来年も「議決権の行使」のお礼を頂けることを願っています(*´ω`*)