じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

テクノプロ・ホールディングスより第15回定時株主総会招集通知が届きました


こんばんは。

さてさて、テクノプロ・ホールディングスから株式関係書類が届いていました。IPOで公募価格で取得してただひたすら握りっぱなしのテクノプロ・ホールディングスですが、株主総会招集通知を受け取るのもこれで6回目となります。握力強く、保有し続けています。

 

IPOで取得しているので保有期間はテクノプロの上場期間と同じ。上場日が14年12月15日。毎年、機会損失はあるもののやっぱり取得株価に対する利回りもいいので放置しています。一時は8,000円近くを付けましたが、新型コロナショックでの急落後は6,000円を軸に上下に推移しているようです。

 

f:id:jun_0017:20200908152250p:plain

テクノプロ・ホールディングス/第15回定時株主総会招集通知

第15回定時株主総会ですが、2020年9月29日午前10時より秋葉原コンベンションホールで行われるようです。いつもながらネットによる議決権行使を行います。

 

議案1号議案

剰余金の処分の件

利益配分に関しましては、企業価値・株主価値向上を図るべく、内部留保を通じて成長のための資金需要と財務健全性確保に対応する一方で、連結配当性向を具体的な指標として、業績の一部について配当を通じて株主の皆様に直接還元することを基本方針としております。

 

 

以上の方針に基づき、籐事業年度の期末配当につきましては、次のとおりといたしたいと存じます。

 

当社普通株式1株につき金 100円

 

 昨年の期末配当から16円も増えました。当事業年度の年間配当金は1株につき150円となります。IPOの公募価格で取得した自分としては、利回り7.69%にまでなりました。ちょっとこの利回りを見てしまうとやっぱり売れないですね・・・。

議案2号議案

資本準備金の額の減少の件

今後の機動的な資本政策を遂行し、財務戦略上の弾力性を確保するため、会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金の額を減少し、その他資本剰余金に振り替えたいと存じます。

減少する資本準備金の額及び資本準備金の額の減少がその効力を生じる日は次のとおりであります。

 

資本準備金の額12,939,501,460円のうち11,207,084,060円

 この減少額全額をその他資本剰余金に振り替えます。

 なお、減少後の資本準備金の額は1,732,417,400円とな

 ります。

 

増配に向けた準備でしょうか。

資本準備額の大半をその他資本剰余金に振り替えるとのことです。

議案3号議案

取締役8名選任の件

本定時株主総会終結の時をもって取締役8名全員が任期満了となります。つきましては、取締役8名のご選任をお願いいたしたいと存じます。

 (以下、省略)

第4号議案

監査役1名選任の件

本定時株主総会終結の時をもって、監査役 長尾達久氏が任期満了前に辞任いたします。

つきましては、新任の監査役1名のご選任をお願いいたしたいと存じます。

本議案の提出につきましては、監査役会の同意を得ております。

(以下、省略)

事業報告

 

f:id:jun_0017:20200908145041p:plain

 

第15回定時株主総会招集ご通知

 

 

当連結会計年度の経済環境

当連結会計年度における世界経済は、米中貿易摩擦等に加え、2020年の新型コロナウイルス感染症の世界規模への拡大による企業活動停滞の影響に伴い、大幅に悪化いたしました。一方、好調な経済指標を示していた国内経済においても、消費税増税及び新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、景況感が急速に悪化いたしました。新型コロナウイルス感染症に対する新薬・ワクチンの開発及び普及並びに政府の財政・金融政策次第では、今回の不況は長期化する恐れがあり、景気の先行きに対する警戒感が強まっています。

このような経済環境の中で、当社グループが注力している技術者派遣・請負事業は成長が継続し、中でもIT業界、建設業界の技術者に対する需要は旺盛でしたが、当連結会計年度第4四半期以降、新型コロナウイルス感染症の拡大に起因する、在宅勤務等によるサービス提供面での制約や機械領域・自動車業界等での需要減少が現れており、今後の経営環境は不透明感をましています。 

 

f:id:jun_0017:20200908145200p:plain

売上収益、営業利益、当期利益どれも前年比を上回って推移しています。

 

 

直近の株価は年初からの反発したあとはもみ合ってなかなか上に行けていません。今後の新型コロナウイルスの影響がどこまでなのか、市場も判断しかねている状態なのかもしれませんね。幸い配当金もしっかりと頂けていますし、このままホールドで様子を見ようと思います(*´ω`*)