じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング、dポイント投資等いろいろやってるブログです。

IPO 4437gooddaysホールディングス ブックビルディング完了



こんばんは。

先日から久しぶりにIPOのブックビルディングに復帰しております。

今回もとりあえず、ブックビルディグだけは行っておこう、って感じのIPOです。基本的に、IPOはどうしても欲しい!!!っというわけではなく、あくまで「公募価格で」と言う前提条件付きなので、初値がついてからも欲しいわけではないですからね。初値以降であれば、基本的に誰でも買えますけど、初値以降も上がっていく銘柄なんてレアケースですしね。IPOは公募価格で購入できるから妙味が大きいんですもんね。

さてさて、今回もさくっと確認です。

ブックビルディング

4437gooddaysホールディングス

f:id:jun_0017:20190307101550p:plain

主幹事はSMBC日興証券。野村ホームトレードのみでブックビルディングしています。

マザーズ上場の小型のIPOです。

f:id:jun_0017:20190307145444p:plain

グッドルーム株式会社、オープンリソース株式会社、ハプティック株式会社という3つの連結子会社を持ち、「ITセグメント」と「暮らしTech」の2つのセグメントに分類され、ITセグメントではシステム開発等のITソリューション等の提供、暮らしTechセグメントでは不動産のリノベーション・入居者のための不動産仲介サイトの運営を通じた仲介が主なサービスとのことです。

ちなみに暮らしTechと言うのは、Living(暮らし)とTechnology(テクノロジー)の造語とのこと。「暮らし×IT」とはあるものの、不動産仲介サイトの運営とあり、不動産業なのかなぁと思ったら、上場セクターは情報・通信業なんですね。

gooddays.jp

 

マザーズで小粒、IT系と言えば、初値が跳ねやすい条件は揃っているように感じます。公募価格で取得できれば儲かるって思えるIPOですね。ただ当選くじは少なく、なかなか当たらないんでしょうが、ブックブルディングをしないと当たりませんからね。

いつか当たることを信じて、コツコツ行きましょう(*´ω`*)