じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

「無電柱化」のイトーヨーギョーがS高だった理由はこれ??


こんばんは。

 

5月末にも一時S高をしていましたが、今回は昨日と今日と2日連続でS高をつけています。そう、地中電柱化で話題のイトーヨーギョーです。

f:id:jun_0017:20190527180938p:plain

イトーヨーギョーがS高だった理由は?

無電柱化推進自治体に財政支援

政府は、国土強じん化に向けた今年度の年次計画の素案を取りまとめ、台風の際の大規模停電などを防ぐため、電線を地下に埋設する「無電柱化」を進める地方自治体に対し、交付金を支給するなど、財政支援を行うことを明記しました。

それによりますと、去年の台風21号で、多くの電柱が倒れ広範囲で停電が発生したことを踏まえ、台風の際の大規模停電などを防ぐため、電線を地下に埋設する「無電柱化」を進める地方自治体に対し、交付金を支給するなど、財政支援を行うとしています。(06月06日 08時47分)

無電柱化推進自治体に財政支援|NHK 首都圏のニュース

一部抜粋ですが昨日S高になったきっかけはこの報道ですね。政府が無電柱化推進自治体に財政支援を行うということで、無電柱化に拍車がかかるとの思惑からイトーヨーギョーが買われたようですね。

昨日のこのニュースを受けて、2日連続のS高となりました。

 

みんなの株式でも下記のように報じられています。 

イトーヨーギョー<5287.T>が前日に続きストップ高カイ気配に買われている。5月下旬に、国土交通省が災害時の物資輸送に重要な道路を対象として、電柱撤去を推進するための新たな制度を設けることが報じられたが、この流れに乗って、一部の電線地中化関連株に短期資金が流入している。その筆頭が共同溝を手掛ける同社株で、売り物薄のなか一気に水準を切り上げ需給相場の色を強めている。

イトーヨーギョーが連日のストップ高カイ気配、電線地中化推進で人気再燃 投稿日時: 2019/06/07 10:32[minkabuPRESS] - みんなの株式 (みんかぶ)

 

5月27日に一時S高した材料は下記のニュースでした。

電柱、重要道から撤去可能に 国交省が防災へ新制度 :日本経済新聞

国土交通省は災害時の物資輸送に重要な道路を対象に、電力会社や通信会社に電柱を撤去させる新たな制度を設ける。重要区間を指定し、10年間の猶予期間終了後は道路の利用許可を更新しない。これまで電柱の新設を制限する仕組みはあったが、すでにある電柱を強制的に撤去させる制度は初めてだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45291490W9A520C1MM8000/

ここ最近はあまり人気もなかったのか、出来高がなくて9時の時点ではほとんど株価はついていませんでした。急に賑わってきましたね。

自分の保有するイトーヨーギョーは取得単価は563円で、10バガーになることを夢見て購入した100株です。購入した年に1,840円の高値を付けて、2016年には一時マイ転していたものの、じーっと握りっぱなしです。国策の「無電柱化」でイトーヨーギョーには追い風になると購入してからもう6年目です。2014年のような一瞬の追い風ではなく、継続的な追い風を期待したいものです。

100株の単元株ですが、好材料が立て続いていることはうれしい状況ですね。2014年1月にNISA枠で購入して既に6年目、ロールオーバーもしていますからね。5,000円を夢見てこのまま保有を続けます(*´ω`*)