じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

ファイブスター-ファイブスター・バリコレ・ファンド運用報告書(2017年11月27日決算)が交付



こんばんは。

ついこの前も運用報告書の交付がありましたが、また新たにファイブスター・バリコレ・ファンドから運用報告書が交付されています。いつものようにサクッと確認です。

f:id:jun_0017:20180131193207p:plain

ファイブスター・バリコレ・ファンド

2017年11月27日決算です。

運用経過

騰落率:5.9%

f:id:jun_0017:20180131193346p:plain

今期の暴騰率は5.9%。前回の欧州株式指数ファンドやフィデリティ 日本小型株・ファンドの30%超えを見ていると全く物足りないですね。今期のチャートもほぼ横ばいにしか見えません。こちらも前回と同様、2015年3月より購入を開始しています。今日現在で保有している24銘柄の中で成績は上から23番目。これまでしばらく最下位をひたすら低空飛行中でしたが、ここ最近ふわっと1つ順位を上げています。世界の上場投資証券、有価証券指数先物取引、商品先物取引等への投資を通じて、世界各国(日本を含む)の株式、債券、金や原油などのコモディティ、及び、ボラティリティ指数等、何にでも投資をするバランス型の投資信託ですが、損益-3.58%と含み損圏内で推移しています。毎月の積立額は現在500円で設定していましたが、今月に積立銘柄の見直しを行ったので、来月からは楽天-楽天みらいファンドを積み立てて行くことにしています。

主な変動要因

f:id:jun_0017:20180131194149p:plain

上昇要因
・2017年7月:トランプ新政権の目玉の一つであった法人税引き下げ等を含む税制改革案が4月に発表され、暫くは企業収益の改善期待から特に成長株の上昇モメンタムが見込めたことから、6月にかけて米ナスダック指数の組入比率を段階的に引き上げた結果、同指数は7月に3%超となる上昇推移となり、保有していたロング(買い)ポジションが基準価額に対してプラスに寄与しました。
・2017年7月:世界経済の成長が鮮明になり、株式市場全体のリスク・オンの様相が強まってきたことなどを背景に新興国株式の上昇モメンタムが見込めたことから、新興国株価指数の組入比率を高めに維持していた結果、同指数は7月に5%超となる上昇推移となり、保有していたロング(買い)ポジションが基準価額に対してプラスに寄与しました。

下落要因
・2017年1月:同じ資産クラス間でのロングポジション(買い)とショートポジション(売り)を組み合わせる事で割安銘柄と割高銘柄との値動きの差での利益を狙った、金のショートとプラチナのロング、金のショートと銀のロングのポジションをとっていましたが、トランプ新大統領の度重なる過激な発言などからドル安が進行し金の価格が上昇したため、保有していた金のショート(売り)ポジションが基準価額に対してマイナスに寄与しました。
・2017年1月:米国の利上げ政策への転換と日本の大規模金融緩和継続との日米の金融政策の違いを背景に、ドル高円安のモメンタムが見込めたことから、日本円の米ドルに対するショートポジション(売り)の組入比率を高めた結果、トランプ新大統領のドル高警戒発言により円高ドル安の価格モメンタムに市場が急変したため、基準価額に対してマイナスに寄与しました。

がっつり含み損なのに変動要因が上昇、下落と丁寧に長文で笑いました。確か相場の上げ下げに関係なく、資産配分を行って資産を増やすことを目標にしていたと思うんですが・・・。相場は上げ下げしているに、あんまり芳しくなかったですね。

今後の運用方針

f:id:jun_0017:20180131194607p:plain

f:id:jun_0017:20180131194700p:plain

★今後の運用方針

当ファンドは、チャータード・インベストメント・マネジャーズ・ピーティーイー・エルティーディーが運用を行う「CIM・バリアブル・コリレーション・ストラテジー・ファンド」(以下、ケイマン籍円建外国投資信託といいます)を主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。ケイマン籍円建外国投資信託では、世界の上場投資証券、有価証券指数先物取引、商品先物取引等への投資を通じて、世界各国(日本を含む)の株式、債券、金や原油などのコモディティ、及び、ボラティリティ指数等の幅広い資産へ、実質的に投資を行います。基本投資配分比率は、「ケイマン籍円建外国投資信託」95%程度、「ファイブスター・マネープール・マザーファンド2」5%程度とします。

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

 

保有しているコインチェックでの仮想通貨が出金規制されたり、保有している銘柄が架空取引の疑いや、米司法省に調査の可能性があったりと、今週はいろいろと売られて資産の増減はありますが、引き続き、コツコツ、毎月の積立投資は継続していこうと思います( *´艸`)