じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

投資信託の積立銘柄をようやく見直しました



こんばんは。

毎月積立を行っている積み立て投資信託ですが、1月の積立設定日が16日に迫ってきました。コツコツ積み立てを続けてもうすぐ3年を迎えます。毎月毎月変わらずに積み立てを行ってきましたが、3年前に比べて低コスト投信が増えてきました。

www.junvestment-diary.com

乗り換えを行わねば、と思いながら3ヶ月が経っていますね。

diamond

新たに買う場合は、当然なるべく信託報酬が低いものを選ぶべきだが、注意すべきは高コストの古いインデックス型の投資信託を持っている場合だ。そうした人は、低コストの投資信託に乗り換えよう。0.1ポイント程度の差なら運用成績にさほどの影響はないが、0.3~0.4ポイントともなれば、目に見えて違ってくる。

だいぶ以前の記事ですが、古いインデックス型の投資信託を積み立てている自分としては、保有している銘柄の売却、乗り換えはひとまず後回しにして今月から買い付ける銘柄の変更作業を行いました。

現在の保有銘柄一覧

f:id:jun_0017:20180109174714p:plain

ファンド名 信託報酬 (税込)/年 信託財産留保額 解約手数料(税込)
日興-インデックスファンド225 0.5616% - -
三菱UFJ国際-eMAXIS国内債券インデックス 0.4320% - -
三菱UFJ国際-eMAXIS先進国リートインデックス 0.6480% 0.30% -
三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス 0.6480% 0.30% -
明治安田-明治安田アメリカ株式ファンド 1.4040% - -
明治安田-明治安田欧州株式ファンド 1.8360% - -
ニッセイ-ニッセイ/パトナム・ユーロインカムオープン 1.2420% - -
フィデリティ-フィデリティ・日本小型株・ファンド 1.7604% - -
One-ドルマネーファンド 1.0260% - -
三井住友TAM-SMT 新興国債券インデックス・オープン 0.6480% 0.30% -
三井住友TAM-SMTAMダウ・ジョーンズインデックスファンド 0.7452% 0.20% -
三井住友TAM-SMT 日本株配当貴族インデックス・オープン 0.4536% - -
三井住友TAM-SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン 0.5940% - -
三井住友-欧州株式指数ファンド 0.7128% 0.30% -
ファイブスター-ファイブスター・バリコレ・ファンド 1.5874% - -

設定を行った当時はそこまでコストが高いとかは思わなかったのですが、この3年間の間にコスト競争が激しくなった結果、同じインデックスファンドでも安い銘柄がたくさん出てきていました。

その結果積み立てを行っていた15銘柄のうち10銘柄を見直しました。

見直し銘柄一覧

ファンド名 信託報酬 (税込)/年 信託財産留保額 解約手数料(税込)
One-たわらノーロード 日経225 0.1836% - -
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド 0.1501% - -
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド 0.2916% - -
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.2052% - -
楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.1696% - -
ブラックロック-i-mizuho欧州株式インデックス 0.6156% - -
ニッセイ-ニッセイ/パトナム・ユーロインカムオープン 1.2420% - -
フィデリティ-フィデリティ・日本小型株・ファンド 1.7604% - -
One-ドルマネーファンド 1.0260% - -
大和-iFree 新興国債券インデックス 0.2376% - -
大和-iFree NYダウ・インデックス 0.2430% - -
三井住友TAM-SMT 日本株配当貴族インデックス・オープン 0.4536% - -
三井住友TAM-SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン 0.5940% - -
ブラックロック-i-mizuho欧州株式インデックス 0.6156% - -
楽天-楽天みらいファンド 0.366%程度
+成功報酬
0.15% -

 

(1)日興-インデックスファンド225 (信託報酬 0.5616%)

→One-たわらノーロード 日経225(信託報酬 0.1836%)

 

 (2)三菱UFJ国際-eMAXIS国内債券インデックス(信託報酬 0.432%)

→ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券(信託報酬 0.15012%)

 

(3)三菱UFJ国際-eMAXIS先進国リートインデックス(信託報酬 0.648%、信託財産留保額 0.3%)

→ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド(信託報酬 0.2916%) 

 

(4)三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス(信託報酬 0.648%、信託財産留保額 0.3%)

→三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(信託報酬 0.2052%)

 

(5)明治安田-明治安田アメリカ株式ファンド(信託報酬 1.404%)

→楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド(信託報酬 0.1696%)

 

(6)明治安田-明治安田欧州株式ファンド(信託報酬 1.836%)

→ブラックロック-i-mizuho欧州株式インデックス(信託報酬 0.6156%)

 

(7)ニッセイ-ニッセイ/パトナム・ユーロインカムオープン(信託報酬 1.242%)

→変化なし

 

(8)フィデリティ-フィデリティ・日本小型株・ファンド(信託報酬 1.7604%)

→変化なし

 

(9)One-ドルマネーファンド(信託報酬 1.026%)

 →変化なし

 

(10)三井住友TAM-SMT新興国債券インデックス・オープン(信託報酬 0648.%、信託財産留保額 0.3%)

→大和-iFree 新興国債券インデックス(信託報酬 0.2376%)

 

(11)三井住友TAM-SMTAMダウ・ジョーンズインデックスファンド(信託報酬 0.7452%、信託財産留保額 0.2%)

→大和-iFree NYダウ・インデックス(信託報酬 0.243%)

 

(12)三井住友TAM-SMT 日本株配当貴族インデックス・オープン(信託報酬 0.4536%)

 →変化なし

 

(13)三井住友TAM-SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン

(信託報酬 0.594%)

 →変化なし

 

(14)三井住友-欧州株式指数ファンド(信託報酬 0.7128%、信託財産留保額 0.3%)

→ブラックロック-i-mizuho欧州株式インデックス(信託報酬 0.6156%)

 

(15)ファイブスター-ファイブスター・バリコレ・ファンド(信託報酬 1.5874%)

→楽天-楽天みらいファンド(信託報酬 0.366% + 成功報酬、信託財産留保額 0.15%)

まとめ

国内、米国、欧州の大型株、小型株、債券、新興国の株式、債券、先進国リート、ヘッジ型、そして国内、米国の配当貴族の15銘柄を積み立てていましたが、今回の変更で積立銘柄とともに積立ファンド数も変更になりました。

まず、米国の小型株はめぼしいものがなかったため、楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンドを積み立てることにしました。また欧州の大型株、小型株については棲み分けができるほどの違いがなかったため、どちらもブラックロック-i-mizuho欧州株式インデックスを積み立てることにして14銘柄に変更しています。

変更をした10銘柄のうち8銘柄が0.3%以上のコストカットとなっています。すべて保有している投資信託から乗り換えを行えば少しは損益が改善をされるかもしれませんが、今回は新たな買い付け銘柄をまずは変更しただけですからね。今後、売却方法や乗り換えについて考えたいと思います( *´艸`)