じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

純金積立・白金積立/7年4ヶ月間続けた積み立てを売却した結果


こんばんは。

 

今回は2010年からコツコツ続けてきた田中貴金属工業のG&Pプランナーですが、7年4ヶ月間で一旦すべて売却をした記録です。

 

田中貴金属の純金積立

 

こちらで2010年6月から2017年9月まで7年4ヶ月の積み立ての結果です。

当初は手数料が高いかなぁと思っていたのと同時に、THEOや投資信託を購入しながら考えていたこともありますが、個人的な都合によるものと半々ですね。ちょっとお金要るなぁ、じゃ、手数料も高いし全部売却しようかなぁと思い至ったところです。月半ばでの解約なので多少計算の誤差が出てくるとは思いますが、この7年4ヶ月間を振り返ります。

 

 

 

手数料を振り返る

 

f:id:jun_0017:20170919132010p:plain

 

2017年8月までの引き落とされた金額の合計です。

取引当初は5,000円からお試しで、そこから10,000円、20,000円と積み立て額を徐々に上げていき、30,000円にしてすぐに20,000円に戻してこの7年4ヶ月間を過ごしてきました。5,000円の場合は3.5%、10,000円の場合、2.5%、30,000円の場合、2.0%となっています。毎月の積み立て額を上げて行けば、手数料率は下がることになります。

この7年4ヶ月間での手数料率は≒2.43%といったところです。この手数料率、ETF等の積み立てと比較するとどうしても高く感じちゃいますね。解約してもいいかなぁと思ったのは、この手数料が一番のネックでした。

積み立て額を振り返る

 

f:id:jun_0017:20170919132347p:plain

 

手数料込みで取得価額で考えます。5,000円の場合は、3,000円と2,000円、10000円の場合は6,000円と4,000円、20000円の場合は、12,000円と8,000円、30,000円の場合は、17,000円と13,000円、最後の期間は純金より白金をより積み立てができるように20,000円を7,000円と13,000円で積み立てを行ってきました。

 

手数料ももちろん計算に含めたうえで、純金は773,825円、白金は681,575円積み立てたことになります。

7年4ヶ月間の売却を振り返る

 

f:id:jun_0017:20170919132855p:plain

 

実はこの7年4ヶ月間の中で売却を行ったのは2015年の10月のみのようです。

 

www.junvestment-diary.com

 

www.junvestment-diary.com

 

この時はFXの追証に引っかかったために売却をしています( *´艸`)

損益を振り返る

 

f:id:jun_0017:20170919133735p:plain

 

7年4ヶ月間の合計でどうだったかの振り返ります。先ほどの投下資金から売却済みの差がそれぞれ、純金が673,825円、白金が348,425円。今日現在の口座残高はというと、マネーフォワードで確認をすると707,393円と265,830円となっています。純金は含み益で推移していますが、白金は大きく含み損となっています。

 

f:id:jun_0017:20170919122422p:plain

 

ちなみに金価格はなんとか5,000円以上には上げきれませんでしたが、それでも4,000円台の後半でなんとか耐えている印象です。ただ白金は2015年6月あたりからずるっと下げて3,000円台での推移が続いています。白金が大きく含み損になっているのも致し方ありませんね。

いざ、解約、いや、損切り

 

f:id:jun_0017:20170919134415p:plain

 

さて、いざ解約と思い手続きを行おうとしましたが、なにやら解約の場合はしっかりとその月の最終営業日まで買い付けを行ってからサービスが終了となるようです。確かに8月に引き落とされた金額が、9月末まで日々購入予定としてプールされているはずです。ということでいざ解約は月末にずらして売却をしましょう。解約を何も読まずに行わなくてよかったです。最終日に精算となっているので必要なお金が手元にすぐに入ってこないところでした。今週お金が必要なんです(笑)。

 

f:id:jun_0017:20170919135508p:plain

 

振込手数料は756円となっています。含み損がますます増えますね。Excel上の金額と差異が発生しているのは、今日の積立金額が反映されているからでしょうか。とりあえず、これで全売却となります。

 

f:id:jun_0017:20170919135803p:plain

 

取引後のお預り重量は金 0.00000g、プラチナ 0.00000gとなっています。

今回はお金が必要なタイミングに迫られたので、ようやく決心ができました。7年4ヶ月間もの結構な期間を積み立てましたが、最後は残念ながら損切りという結果になりました。このまま貴金属価格が上がるまで待てる余裕があれば放置をしていてもよかったんでしょうが、この売却した金額を有効に活用したいと思います。

ただ全額が今週必要なわけではありませんので、また新たな金融資産の購入に充てたいと思います( *´艸`)

7年4ヶ月の純金・白金積み立てを振り返る

残念ながら損切りするという結果になってしまいました。お金が入り用だったので仕方ありませんが、なんとも残念な結果です。

毎月コツコツと積み立てをして、日々増えていく純金、白金の量を眺めているのは楽しかったのですが、どうしても手数料が高かったように思いますね。売却をせずに積み立てをし続けていたらと思うこともありますが、自分の資金の都合もあったので後悔はしていません。ただ毎月コツコツ長期に積み立てを行う視点に立つと、できるだけ手数料が安くランニングコストを抑えることが必要だと痛感しました。

 

もちろん、純金・白金積み立てには売却の際に現金をせずに、現物で受領するという選択肢もあるので、バーで保管したり現物を保有したい場合には有効な手段の一つだと思います。

ただ現物資産としての純金・白金積み立てには魅力を感じましたが、投資信託やETFなどもっと手数料の安い金に投資をする手段はありますからね。2010年の当時に戻れるとしたら、純金積立ではなくより手数料の安い投資商品を選択したと思います。

 

これから純金・白金積み立てをしようと検討している方に、少しでもアドバイスになれば幸いですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪