じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

FUNDINNO(ファンディーノ)からの第21号案件のお知らせメールを受領



こんばんは。

さてさて、FUNDINNOからまたしても案件のお知らせを頂いていました。いつものようにサクッと確認です。

平素より大変お世話になっております。
FUNDINNOサポートです。

本日、第21号案件として
動きとチカラを可視化する!次世代IoTウェアラブルデバイス「PULSTONE(パルストーン)」
を掲載させていただきました。

MedVigilance株式会社は運動時の筋肉とカラダの動きを可視化できる、
次世代IoTウェアラブルデバイス「PULSTONE」を開発しています。

「PULSTONE」は神経内科でも使用される筋電位センサーの仕組みと、
加速度センサー、ジャイロセンサーを組み合せたハイブリット型センサーで、カラダの動きやチカラそのものがデータとして可視化できます。

このデバイスにより、生体データと運動データ両方の取得が可能になり、
全身をコントローラー代わりにしたVR型体感ゲーム、
動きとチカラの計測結果を元にした正しいスポーツ指導、
データアナリティクスを行う土台、リハビリや医療などのヘルステック分野での応用など私たちの生活を大幅に変えるデバイスとして期待できます。


この案件につきましては、
本日より情報開示を行いますが、
お申込みの開始は2018年2月7日(水)の19時を予定しております。

今後ともFUNDINNOをよろしくお願い致します。

FUNDINNOの口座開設は↓から行えます!!

MedVigilance株式会社

f:id:jun_0017:20180207201202p:plain

動きとチカラを信号化できるIoTウェアラブルデバイス「PULSTONE™(パルストーン)」により、身体そのものがデバイスになる
私たちは、運動時の筋肉とカラダの動きを可視化できる、次世代IoTウェアラブルデバイス「PULSTONE™」を開発しました。このデバイスは、神経内科でも使用される筋電位センサーの仕組みと、加速度センサー、ジャイロセンサーを組み合せたハイブリット型センサーで、カラダの動きやチカラそのものがデータとして可視化できます。
このデバイスにより、生体データと運動データ両方の取得が可能になり、さまざまな分野での応用活用が期待できます。例えば、全身をコントローラー代わりにしたVR型体感ゲーム、動きとチカラの計測結果を元にした正しいスポーツ指導、データアナリティクスを行う土台、リハビリや医療などのヘルステック分野での応用など、様々な活用方法が考えられます。
まずは、今後の活用の先駆けとして、カラダの動きや効果を可視化できる、フィットネストレーニングやスポーツを行なえるような革新的なサービスを構築してまいります。

PULSTONE™を使った、VRフィットネスにはちょっと興味惹かれました。動画が置いてありましたが、ちょっと面白そうだなぁ、と。ゲームなんかとの垣根がなくなってきますね。

最低投資額は

投資金額のコースおよび株数は125,000円コース (500株)、250,000円コース (1000株)
500,000円コース (2000株)となっており、今回の目標もIPOが掲げられています。

・募集株式は非上場の会社が発行する株式であるため、取引の参考となる気配及び相場が存在いたしません。また、換金性も著しく劣ります。

・発行会社の発行する株式は譲渡制限が付されており、当該株式を譲渡する際は代表取締役の承認を受ける必要があるため、当該株式の売買を行っても権利の移転が発行者によって認められない場合があります。また、換金性が乏しく、売りたいときに売れない可能性があります。

・募集株式の発行者の業務や財産の状況に変化が生じた場合、発行後の募集株式の価格が変動することによって、価値が消失する等、その価値が大きく失われるおそれがあります。

・募集株式は、社債券のように償還及び利息の支払いが行われるものではなく、また、株式ではありますが配当が支払われないことがあります。

・今後の市場動向及び市場規模など不確実性を考慮した場合、競合他社の参入等により当該会社の市場シェアの拡大が阻害され収益性が損なわれるリスクがあります。

・発行者の設立日は2015年8月10日であり、税務署に提出された直近決算期(2017年7月31日)は第2期、現在が第3期となっています。事業継続期間が短いことから実績が乏しいため、資金調達の実行及び事業計画達成に関してリスクがあります。 

 

昨夜に案内メールが届いて、本日19時に募集開始。いつももう少しゆとりを欲しいと思いませんか?口座を開設していない人には絶対間に合わないスケジュールですね。

本日申込を開始した第21号案件「MedVigilance(メドビジランス)株式会社」のプロジェクトは募集開始から約53分後に目標募集額2,400万円を突破しました。上限応募額6,000万円まで残り2,600万円となっております。
(※2018年2月7日19時53分時点)

それにしてもすぐにお金は集まりますね。たった53分で目標額が集まった模様です。

今回のFUNDINNOでの株式投資型クラウドファンディングが成立した場合、株式の発行価格の総額の内、3,000万円までの金額に対する20%相当額に、3,000万円を超えて6,000万円までの金額に対する15%相当額を加えた金額(税込)がFUNDINNOの手数料として発行者から当社に支払われます。

FUNDINNOの口座開設は↓から行えます!!