じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある独身リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

暗号通貨に投資している人っているのかな??


今日の日経の特集に出てました。

マウントゴックスのCEO逮捕で話題のビットコイン。

 

www.nikkei.com

 

実はアカウント持ってます

ビットコインのアカウントを持っています。

今ニュースで話題のマウントゴックスもアカウントは持っていました。

わざわざお金を入金をすることはしていなかったので実害はなしです。

 

一時期リップルという別の暗号通貨のマイニングをしていたので、

そのときのビットコインもリップルに変え、今でも3,000リップルほどまだ持っています。

1リップル=1円くらいのレートなので3,000円弱ってところです。

ビットコインはもう持っていません。

 

まぁ、流行りものってことで一応アカウント作成して持っているものの、

実際にこの仮想通貨を使うことはありません。

だって実生活で使えるところは自分の身の回りではありませんもん。

 

投資でさえ怪しく思われるのに暗号通貨なんて・・・

日本は投資と貯金は圧倒的に貯金。

投資をしているというのを言うのが憚れるような風潮にありますよね。

お金のことを話をするのは悪いことだ、とまでは言いませんがそれに近い環境で育ってきた気がします。

 

そんな中このマウントゴックスのニュース。

ただでさえ投資は損をするのに、暗号通貨なんてって多くの日本人は思っているんでしょうね。

 

よく分からないから敬遠する、日本人らしい保守的な感じがします。

マウントゴックス=ビットコイン=詐欺って印象かな。

 

でもマウントゴックスはあくまで取引所。

ビットコイン自体が怪しい話って勘違いしている人多いんじゃないかなぁ。

 

世界中で肩たたき券??

1円玉って「1円の価値がありますよ」

って思い込むことによって成立しているんですよね。

 

「いや、これは5円の価値がある!!!」

って言い張っても1円玉は5円玉の代わりにはなりません。

 

その思い込みは国の後ろ盾による信用。

1円玉は1円の価値を国が保証してくれているので1円玉は1円なんです。

経済学部を一応出ているのでそんな講義を受けた気がします。

 

今の暗号通貨はその後ろ盾がない状況ですよね。

国の通貨に信用がない国では特に人気がある報道も見ますけど国内ではまだまだ日本円が信用されていますヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪

 

後ろ盾の信用はなくその価値を信用している人たちの間だけでやりとりが行われている。

これって小さい頃にお父さんやお母さんに作ってあげた肩たたき券、お手伝い券と同じじゃないですか??

 

文字にすれば難しく感じるけど、家族間だけで通じる肩たたき券やお手伝い券状態。

たまたまその通じる範囲がちょっと大きかったみたいな。

 

ビットコインの値動き

f:id:jun_0017:20150804234308p:plain

株を見ているとこういうチャートって見慣れすぎちゃってるんですけど。

通貨って言われるとちょっと値動きが荒すぎて厳しいですよね。

2013年の11月には100$の価値だったものが1100$ですからね。

 

でもこうしたルールがまだ未整備だったからこその値動きかな。

法整備とか進めばこんな派手な動きはなくなってしまうんでしょうね。

 

暗号通貨に投資って考えると捨てるつもりでって個人的なイメージですけど、

持ってたことも忘れているような将来に・・・って夢はあるかなぁヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪