じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

THEO[テオ]実績公開中。月初のスイッチングは2銘柄売却、3銘柄購入(2021年4月) 


こんばんは。

4月に入ってTHEOの最初の売買が行われました。月初のスイッチングは3月は行われなかったので、久しぶりになりますね。今回は少しだけ動きがありました。IAU、SPABの2銘柄を売却して、BWX、GLDM、VGITの3銘柄を購入しています。GLDMは今回初めましての銘柄となりますね。

いつものようにサクッと確認です。

 

f:id:jun_0017:20210409134825p:plain

今回売却したもの

304-IAU iシェアーズ ゴールド トラスト

 

f:id:jun_0017:20210409135305p:plain

 

iシェアーズ・ゴールド・トラストは、米国籍の投資ファンド。ファンドは、純資産の割 合的な未分割受益権を表章する証券を発行する。トラストの主な資産は、トラストに代わってカストディアンが保有する金で構成される。

 

f:id:jun_0017:20210409135622p:plain

f:id:jun_0017:20210409140314p:plain


IAUは 金(現物)のETFです。

昨年の4月ぶりの売却となりました。こつこつと1年間で買ってきた11口を全て売却しています。今回は金(現物)のETF同士であとから書くGLDMにスイッチングが行われたようです。個人的にはあまり望ましいスイッチングには思えませんが、手数料が割安とかそういう理由でしょうか。IAUの0.25%に対し、GLDMは0.18%でした。

保有口数は0となりました。

304-SPAB SPDR PORTFOLIO AGGREGATE BOND

 

f:id:jun_0017:20210409135337p:plain

 

SPDRポートフォリオ・アグリゲート・ボンドETF(SPDR Portfolio Aggregate Bond ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。ブルームバーグ・バークレイズUSアグリゲート指数の価格および利回りにほぼ連動する投資成果を目指す。

 

f:id:jun_0017:20210409135641p:plain

f:id:jun_0017:20210409140540p:plain

 

SPABは米ドル建ての投資適格債ETFです。

2月に保有口数の大半を売却していましたが、今回も4口の売却となります。SPABはTHEOの中で累計分配金を一番多く頂けているので、毎月保有口数が増えているのは楽しみだったんですけどね。

保有口数は8口となりました。

今回購入したもの

304-BWX SPDR Barclays Intl Treasury

 

f:id:jun_0017:20210409135448p:plain

 

SPDRブルームバーグ・バークレイズ・インターナショナル国債ETF(SPDR Bloomberg Barclays International Treasury Bond ETF)は米国籍のETF(上場投資信託)。ブルー ムバ ーグ・バークレイズ世界国債(米国除く)キャップト指数の価格と利回りに連動す る投資成果を目指す。

 

f:id:jun_0017:20210409135700p:plain

f:id:jun_0017:20210409140645p:plain

 

BWXは米国を除く先進国の国債のETFです。

2019年4月に初めて購入したETFです。不定期ながら、一度も売却を行わないまま、ちょこちょことと追加購入が行われています。昨年の9月以来、8カ月ぶりの追加購入です。今回は合計3口を購入しています。

保有口数は9口となりました。

304-GLDM SPDRR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト

 

f:id:jun_0017:20210409135520p:plain

 

SPDR ゴールド・ミニシェアーズ(SPDR Gold MiniShares Trust)は、経費控除後で、金地金の価格のパフォーマンスを反映させることを目指す。

 

f:id:jun_0017:20210409135719p:plain

f:id:jun_0017:20210409140840p:plain

 

GLDMは今回売却した、IAUと同様、 金(現物)のETFです。

久しぶりに初めましての銘柄でしたが、投資対象としてはIAUと丸かぶりです。IAUを売却して同投資対象のGLDMにスイッチングするのはちょっと気になりますね。経費率のことを考えてのスイッチングかもしれませんが、大口でもない限り乗り換えた分足が出てしまいそうな印象です。

今回は8口の購入しました。金(現物)のポートフォリオ比率を微調整したかったのか、正確な理由は分かりません。保有口数は8口となります。

304-VGIT バンガード 米国中期政府債券ETF

 

f:id:jun_0017:20210409135555p:plain

 

バンガード米国中期国債ETF(Vanguard Intermediate-Term Treasury ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。ブルームバーグ・バークレイズ米国国債3-10年インデックスに連動する投資成果を目指す。

 

f:id:jun_0017:20210409135738p:plain

f:id:jun_0017:20210409140942p:plain

 

VGITは 残存期間3-10年の米国債ETFです。

2月以来の追加購入です。前回は4年ぶりの購入だったので、今回は2ヶ月とほとんど間が空きませんでしたね。

前回に引き続き、SPAB→VGITのインカムセクター内でのスイッチでしょうか。保有口数は6口となります。

 

ロボアドバイザー投資1年目の教科書

ロボアドバイザー投資1年目の教科書

 

今日の段階でグロースセクターが60.06%→60.05%、インカムセクターが29.26%→29.65%、インフレセクターが10.60%→9.93%、残金が0.08%→0.37%と資産配分が変動しています。

 

f:id:jun_0017:20201006105901p:plain

資産運用方針の図。

今回も概ね方針通りの配分となっています。現在18銘柄を保有しています。

 

www.junvestment-diary.com

 

毎月月初に更新しています。

 

ロボアドバイザーの口座開設はこちらから

THEO+docomo