じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

dポイント投資のテーマで運用にチャレンジ(2021年4月)


こんばんは。

毎月、投資信託の積み立て日に合わせて、ポイント積み立てを実施していましたが、docomoから楽天モバイルへのMNPをきっかけにdポイントの貯まる頻度が激減していました。dポイント投資は今年の1月以来となります。最低投資可能ポイントの100Pが貯まるまで3ヶ月程掛かったことになりますね。

久しぶりに、サクッと注文です。

 

f:id:jun_0017:20190925191629p:plain

テーマで運用

◆ テーマ一覧  

・コミュニケーション  

・ヘルスケア  

・生活必需品  

・日経225  

・新興国  

・金(ゴールド) 

・クリーン・エネルギー

 

テーマは全部で7つです。

個人的なルールとして、7つのテーマからは直近1ヶ月で一番出遅れているテーマにちゃりんとdポイントを投入します。

各テーマの連動対象ETF

運用中のポイントは、下記の当社指定運用会社が設定・運用するETF(上場投資信託)の値動きに連動して増減します。

 f:id:jun_0017:20200214104350p:plain

3ヶ月比で一番成績の悪いテーマにポイント投入

 

f:id:jun_0017:20210426135253p:plain

 

「クリーン・エネルギー」には、再生エネルギー発電事業者、電力や環境ファシリティーサービスをグローバルに展開する企業の株式が含まれます。当テーマ投資が連動するETF詳細はこちらをご確認ください。
(参考)組入銘柄:ファーストソーラー、シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー、ヴェスタス・ウィンド・システムズ、ソーラーエッジテクノロジー等の株式が含まれます。(保有銘柄は2020年1月時点のものであり今後変更になる場合があります)

効率の良いエネルギー源として、20世紀以降の産業・生活に欠かせなくなった石油・石炭などの化石燃料は、生活・産業を多方面から支える、国民生活に欠かすことのできない資源といえます。便利である反面、環境問題の原因を作るデメリットの側面もあります。
昨今は、環境問題への高まりにより化石燃料に変わる新しいエネルギー源としてクリーンエネルギーが注目されています。クリーンエネルギー は電気や熱などに変える際、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)などの有害物質を排出しない、または排出量の少ないエネルギー源として注目されています。同時にクリーン・エネルギー分野も投資分野として注目度は高まっています。

 

期間はだいぶ空きましたが、今回は直近3ヶ月のパフォーマンスの一番悪いテーマにポイントを投入しました。7つのテーマの中で今回の対象は、前月比 △24.00%の「クリーン・エネルギー」テーマです。

これで7つのうち6つのテーマに投資していることになります。

「クリーン・エネルギー」テーマにdポイント投資

 

f:id:jun_0017:20210426135628p:plain


「確定する」を押して完了です。

追加したポイントは04月27日18時以降運用ポイントに反映されます。ポイント反映に時間がかかる場合がございます。反映までにかかる時間はお客様によって異なります。

 

今回は火曜日の18時以降に運用ポイントに反映されます。

現在は生活必需品に800P、日経平均株価に100P、新興国に100P、クリーン・エネルギーに200P、コミュニケーションに200P、ヘルスケアに100Pとなっています。特に売却はせずに、買いっぱなしとなっていますが、小銭ポイントではあまり気にもならないです。

とりあえずこのまま放置で様子見です。

 

投資信託はSBI証券と楽天証券でコツコツ積み立て中です

楽天証券