じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

保有している米国株がスピンオフしたときに振り替える備忘録


こんばんは。

先日、マネックス証券で保有しているPDLIからスピンオフが発生し、LNSRを11株受領しました。実は半年ほど前にもEVFMを17株同じく、スピンオフで受領しています。

ただでさえ米国の税制等は理解が浅いのに、色々イベントが起こると嬉しいような悲しいような・・・。イベントによって新たに株もらえるものは嬉しいですが、理解が追い付かないことが悲しいです(笑)。

 

www.americakabu.com

 

たぱぞう (id:tapazou)さんのスピンオフについてのエントリも確認しましたが、不明な点をマネックス証券に問い合わせてみました。

 

f:id:jun_0017:20201104171811p:plain

 

どの証券会社も分からないことを問い合わせると丁寧に教えてくれます。調べて分からないことは問い合わせないとなかなか答えまでたどり着けませんからね。

口座区分と概算評価額の記載について

マネックス証券で米国株のポートフォリオ一覧を確認していたところ、気になる点が二つありました。一つは口座区分の記載について、もう一つは概算評価額の記載についてです。口座区分については、概算簿価単価の欄をクリックしていたので、合わせて問い合わせました。

そこでマネックス証券へ2点を下記のように問い合わせを行いました。

 

 

f:id:jun_0017:20201030200050p:plain

①もともとは口座区分は特定となっていたかと思いますが、概算評価損益が表示されるかと思い、EVFMの概算簿価単価(参考値)の欄をクリックし、簿価単価計算用簿価金額に0円と入力したところ、一般に変更になってしまいました。
口座区分を特定に戻すことは可能なのでしょうか。

 

②保有米国株一覧にて確認をした際に、6月に受領したEVFMと比較しながら確認をしていました。EVFMは概算評価損益が-円となっていますが、LNSRは+9,331円と記載されています。
EVFMも同様に損益を表示することは可能なのでしょうか。

マネックス証券からの回答

<回答内容>

いつもマネックス証券をご利用いただきありがとうございます。お問合せの件につきまして回答申し上げます。

 

①口座区分を特定に戻すことは可能なのでしょうか。

 

当初は特定口座へ入庫いたしましたが、本来【EVFM】は特定口座の対象とならない銘柄でございました。そのため、当社側で一般口座へ払い出しをいたしました。お客様の操作に起因し、一般口座に変更となったものではございません。後から一般口座へ払い出しをしたことにより、誤解を招いてしまい申し訳ございません。

なお、一般口座へ払い出しをした銘柄につきましては、特定口座へ戻すことができません。

 

②EVFMも同様に損益を表示することは可能なのでしょうか。

 

こちらにつきましては現在詳細を確認させていただいております。回答まで今しばらくお時間を頂戴致したく存じます。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

以上、このたびの回答とさせていただきたく存じます。
また何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

 

①の口座区分については、自分のミスではなくもともと一般口座として扱う銘柄とのことです。スピンオフを受領した際は、特定口座だったため一般口座としてマネックス証券が払い出したとのことです。何もアナウンスがなかった気がしますが・・・。まぁ、こちらについては自分のミスではないことが分かり、ホッとしました。

 

②については、確認の後に回答を頂けるとのことですので、マネックス証券から次の回答を待ちたいと思います。

入庫先が一般口座と特定口座で差が生じる理由は?

ここで新たな疑問が生じました。EVFMは結果的に一般口座でしたが、LNSRは特定口座となっています。この差は何でしょうか。

まずはGoogle先生に聞いてみました。 マネックス証券とSBI証券のヘルプページにスピンオフの扱いについてのページがヒットしました。

 

スピンオフの取引口座による取扱い

スピンオフの対象銘柄を特定口座やNISA口座に保管している場合、スピンオフによって新たに独立して上場する銘柄もその特定口座やNISA口座に割り当てられます。

スピンオフについて | 取引ルール | 株式(現物取引) | マネックス証券

 

これは事前にスピンオフで頂く銘柄、例えばLNSRを特定口座で保有していた場合ということですかね。それともPDLIを持っていたらということでしょうか。日本語は難しいですね。特に一般口座に払い出すとは書かれていません。

 

続いてSBI証券。

 

【5】コーポレートアクション

お客さまが特定口座で保有されている外国株式で、スピンオフ、買収・合併(株式交換・現金交換等)、ライツイシュー、資本返還、ETFにおけるキャピタルゲインの配分等の権利処理が発生した場合、当該株式残高は一般口座に振替えられます。また、税務上の取扱いが明確でない権利が付与された場合も、「源泉徴収あり」の特定口座内での処理ができないため、当該株式残高は一般口座に振替えされます。 

f:id:jun_0017:20201104180205p:plain

SBI証券->外国株式特定口座でのお取引のご注意事項

 

こちらはPDLIを保有しているマネックス証券ではなく、SBI証券ですが明確に一般口座に振替えられると記載がありますね。表にも特定口座処理は不可と書かれています。

 

やはり詰まってしまったので、再度マネックス証券へ問い合わせを行います。

EVFMはもともと一般口座ですが、今回のLNSRもまた特定口座に入庫されています。もしかしたら後日、LNSRも一般口座に払い出されるのかもしれませんが・・・。

 

③今回のLNSRは特定口座となっていますが、特定口座と一般口座で受け入れ先に違いが生じるのはどういった理由からでしょうか。

 

頂いた回答にこのように問返信しました。

 

現在、マネックス証券からの回答をお待ちしている状態ですので、②、③の問い合わせについては回答を頂き次第確認したいと思います。

11月17日追記

再度マネックス証券から回答を頂きました。

新株を特定口座へ入庫するか、一般口座へ入庫するかは銘柄ごとに変わってまいります。

コーポレーションアクションによって入庫する口座区分が異なるケースがございますので、その都度判断をして入庫を行っております。

一例として、スピンオフによって端数株が生じる分配比率の場合、当社の処理といたしましては、原則全株式を現金化(売却)し、その後整数株分の売却を取消のうえ、整数分は株式付与、端数株分は米ドルでの金銭交付を行っております。

本手続きにつきましては、現地にて一律して行っており、端数株分の売却による現金交付と株式分配が同時に行われる場合、当社の「特定口座」上で処理を行うことができないため、「一般口座」へ入庫を行なっております。 

 

今回問い合わせをしている、EVFMとLNSRは2銘柄とも、同様の入庫処理がなされた認識だったんですけど、違ったんでしょうか。同じような取引が行われてますよね?

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/jun_0017/20200622/20200622165522.png

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/jun_0017/20201030/20201030120618.png

 

①全株を売却処理、

②割り当てられた整数分の株式に対して、みなし配当として課税、

③端数処理を行い、整数株分のみを割り当てに振替

 

全く同じパターンの処理がされていると思うんですが・・・。だとしたら、LNSRも一般口座に入庫されないとおかしいですよね。

 

【EVFM】、【LNSR】が入庫の際の口座区分が違う理由は何か。

新株を特定口座へ入庫するか、一般口座へ入庫するかは銘柄ごとに変わってまいります。一例として、スピンオフによって端数株が生じる分配比率の場合、当社の処理といたしましては、原則全株式を現金化(売却)し、その後整数株分の売却を取消のうえ、整数分は株式付与、端数株分は米ドルでの金銭交付を行っております。

今回、【PDLI】スピンオフで受領している【EVFM】、【LNSR】はこのご説明頂いた通りの処理がなされていると思うのですが、違うのでしょうか。【EVFM】と同様、【LNSR】も端数株分の売却による現金交付と株式分配が同時に行われると思っていました。

 

再度の質問です。

LNSRが一般口座に入庫されているのであれば、特に疑問はないんですけどね・・・。

11月18日追記

前回のご案内が分かりづらく申し訳ございません。
端数株が生じる分配比率の説明につきましては一例であり、
同じ銘柄からのスピンオフであっても特定口座へ入庫可能か、一般口座への入庫となるかは都度異なるため、確認をして入庫しております。

なお、今回の【EVFM】、【LNSR】も含めスピンオフに関しては、特定口座へ入庫となるか一般口座へ入庫となるかの判断が非常に困難で、銘柄によってケースバイケースとなることが多く、どういった条件であれば特定口座へ、もしくは一般口座へ、という明確な基準のご案内を差し上げることも難しいものとなります。

 

スピンオフの入庫に関しては難しいんですね。

ケースバイケースで【EVFMは】一般口座でしたが、【LNSR】は特定口座に入庫されたということで納得します。米国の税制なんですかね。国内の税制だけでも難しいのに、米国の税制なんてやっぱり理解が追い付きません・・・。