じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

オンキヨーから株主優待が届きました(2021年9月)


こんばんは。

8月末に8月1日で上場廃止となったオンキヨーから葉書が届いていました。毎年2回、3月末基準日のe-onkyo music クーポンと9月末基準日のONKYO DIRECT クーポン頂いています。3月末に比べ、9月末基準日のクーポンは使い勝手が悪く、一度も利用したことがないのですが・・・。

上場廃止になり、最後だなぁとしみじみ葉書を確認しました。

 

f:id:jun_0017:20210901190656p:plain

 

Googlefinanceで確認したところ、悲しいひとこと。

一致するものがありません。

オンキヨー(6628)

これまでは株主総会招集通知とともに頂いていましたが、株式併合のため保有株式が単元未満株となってしまったためにこちらの案内は届きませんでした。元々、この併合のおかげで監理銘柄、整理銘柄になった際にはSBI証券では売却もできなかったんですよね。

さっさと売却して入ればよかったなぁと思いますが、売却もできず金銭買い取りをしてもらえることに気がついたのは上場廃止日のほんの数日前。これも経験ですね。

オンキヨーの株主優待

 

f:id:jun_0017:20210901191105p:plain

 

オンキヨー株式会社:株主優待制度

オンキヨーは3月と9月のそれぞれで株主優待を頂けます。

今回は基準日が3月末の株主優待ですから、上の「ONKYO DIRECT」クーポンになります。このクーポンの2022年8月31日までの有効期限となっていますが、毎年持て余していて、昨年も利用せずに有効期限が切れてしまいました。

上場廃止もしたし、今回で株主優待が貰えるのも最後だなぁなんてオンキヨーのIRサイトを見ていました。

このまま保有継続していれば株主優待は継続されるみたい

株主優待制度の変更に関するお知らせ 

当社は、株主の皆様からのご支援に感謝するとともに、「今後もより多くの皆様に当社事業へのご理解とご支持をいただくこと」や「音楽文化へ貢献すること」を目的として、株主優待制度を実施いたしております。

当社を支えてくださった株主の皆様には、2021 年8月1日に株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場において上場廃止となったことにより、多大なご迷惑とご不便をおかけしております。
そのような状況の中、ご支援をいただいている株主様への総合的な利益還元の在り方を検討いたしました結果、より多くの皆様に当社事業へのご理解とご支持をいただくため、2021 年9月 30 日を基準とする株主優待制度において実施内容を変更することといたしました。
ONKYO DIRECT では、今後、オーディオという枠を超えたコラボ製品の販売などラインナップを拡充していく予定ですので、株主の皆様には当社事業へのご理解をより一層深めていただき、末永く当社をご支援いただきたく考えております。


また、2022 年3月末基準日の株主優待制度については、改めてお知らせをする予定です。 

f:id:jun_0017:20210901191551p:plain

f:id:jun_0017:20210901191610p:plain

上場廃止となりましたが、現行の株主優待制度から変更となるものの、全くの廃止になるというわけではないようです。

 

上場廃止まで保有し続けてしまったので損益通算もできない状態に陥っていますが、社株主名簿には引き続き記載され保有しているという状態が続きます。と言うことは上記の株主優待はまだ頂けるようですね。

 

金銭買い取りでもあれば、しっかりと損益通算もできるのですが、IRに色々書かれてあったので確認したところ・・・。

 

Q:会社が株式を買い取る予定はありますか?
A:現時点では、予定はありません。
Q:再上場の予定はありますか?
A:今後、事業再編が完了し、財務基盤を整えた際には、再上場ということも視野に入れて取り組みた
いと考えておりますが、現時点では再上場の具体的な計画はございません。

① 株主様からよくあるお問い合わせにつきまして(IR全般に関する事項)

 

このまま損益通算できない株を損益△100%のまま保有し続けないといけないようです(*´ω`*)