じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

クラウドバンク/中小企業支援型ローンファンド第456号に新規投資申し込み(2019年3月)


こんばんは。

先月と今月で分配金や償還によって口座内に現金が戻ってきていました。2月に引き続きて、端数入金を行って、中小企業支援型ローンファンド第456号に新規投資申し込みを行いました。今回で28回目の投資申し込みとなります。

 

f:id:jun_0017:20190311110811p:plain

先週時点で4ファンドの募集が行われていましたが、今回は中小企業支援型ローンファンド第456号に申し込みを行いました。さてさて、今回の投資申し込みを確認します。

中小企業支援型ローンファンド第456号に新規申し込み

f:id:jun_0017:20190311111031p:plain

ファンド概要

資金を必要とする国内中小企業への支援を目的としたファンドです。/ The fund aims to help finance SMEs' growth in Japan.

契約名
クラウドバンク匿名組合契約
募集者
日本クラウド証券株式会社
営業者
クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社

クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社と日本クラウド証券は、クラウドバンク株式会社を持株会社とするクラウドバンクグループの会社です。また、両社の役員を兼務する者がおります。

営業者の財務情報
平成30年3月31日現在(PDF)
当ファンドの事業計画

本営業者は、当ファンドが取得した債権について、利息等の支払いを含む弁済を受け、担保権を実行し、または債権を第三者に売却し、他のファンドに取得させその他の方法で換価して、得られた利益をお客様に分配し、元本相当額をお客様に償還することを予定しています。

募集期間
2019-03-10 〜 2019-03-27

※応募金額が募集金額に達した場合は、募集期間中でも募集を終了させていただく場合があります。

※募集を終了した後は、投資申込みの撤回や投資契約の解除はできません。

運用予定期間
2019-03-28 〜 2019-08-07

※募集状況または融資の状況により期間前に運用開始する場合があります。

※融資の状況により、応募金額の一部または全部について、運用予定期間の満了前に運用を終了する場合があります。

※運用期間は営業者の裁量により延長する場合があります。運用期間の延長により償還予定日が延期される場合にはお客様へ通知いたします。

※中途解約はできません。

分配開始時期
運用開始 翌々月以降 (原則)毎月
分配日
(原則)月末締め翌月10営業日以内
償還予定日
2019-09-06

※応募金額の一部または全部について運用予定期間の満了前に運用を終了した場合、出資額の一部または全部について償還予定日前に償還する場合があります。

最低投資額
¥ 10,000 
追加単位:¥ 1,000
最低成立金額
-
目標利回り(税引前) ※1
年率 6.9%
担保 ※3
保証 ※3
分別管理の方法

本営業者は、お客様の出資金、対象債権の債務者(保証人および担保提供者を含みます。)からの元本返済金および支払利息等を、本営業者の固有財産を保管する銀行預金口座とは別の銀行預金口座(当該金銭であることがその名義により明らかであるもの)に預金し、分別管理します。

ファンド報告書の交付方法
当ファンドの運用中及び運用の終了後、毎月第10営業日までに当ファンドの「運用レポート」ページに前月末日まで時点の当ファンドの運用状況を掲載してファンド報告書を公表します。また、運用終了後は、当ファンドの清算を結了してから5営業日以内に「運用レポート」ページに当ファンドの最終のファンド報告書を公表します。
中小企業支援型ローンファンド第456号を選んだ理由

今回は目標利回り6.9%、運用期間は5ヶ月と一番短期のファンドを選びました。 「円投資」カリフォルニア不動産ローンファンド第26号は、

「日本円でも投資したい!」「日本円で分配・償還してほしい!」というお客様のご要望にお応えしました!米国カリフォルニア州の不動産プロジェクトの支援を目的として組成されたファンドです。

ということで、初めて円建てで米国不動産の投資が可能となっていました。7.4%と高利回りでしたが、運用期間が15ヶ月だったので今回も見送りました。日本円で出資し、分配・償還も日本円で行われますが、運用は米ドルで行いますので、分配金・償還金は両替コストおよび為替変動の影響を受ける点も見送らざるを得ませんでした。

残りの為替リスクのない3銘柄から担保、保証が共に有となっているもの、そして期間の短い選択を行い、中小企業支援型ローンファンド第456号を選びました。

 

f:id:jun_0017:20190311120749p:plain

f:id:jun_0017:20190311115401p:plain

申し込み完了です。

f:id:jun_0017:20190311120825p:plain

カテゴリごとに並べるとこんな感じです。

現在の保有ファンドは太陽光発電ファンド第339号(目標利回り6.8%)、中小企業支援型ローンファンド第401号(目標利回り6.8%)、バイオマス発電ファンド第83号(目標利回りり6.5%)、風力発電ファンド174号(目標利回り6.7%)、太陽光発電ファンド第629号(目標利回り6.7%)、中小企業支援型ローンファンド第456号(目標利回り6.9%)の6本となっています。

 

www.sankei.com

インターネット上で融資を仲介する「ソーシャルレンディング」と呼ばれる金融サービスをめぐり、虚偽の説明で資金を集め目的外に流用したとして、全国の投資家54人と法人3社は8日、業界最大手「maneoマーケット」(東京)などを相手取り、計約11億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提起した。

最近はmaneoが話題になっていますが、クラウドバンクも当然同じようなリスクはあるのかなぁとは思っています。投資ですからね。そのために、小銭で複数のファンドに分散して申し込んでいます。

個人的には一度も損をしていないクラウドバンクですが、次の案件で何かしら問題が発生することも考えられます。投資申し込みを行う際は、しっかりとご自身でご判断くださいね。自己責任ですよ(*´ω`*)

 

口座開設は↓から行えます。
クラウドバンク