じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

THEO[テオ]実践中。ユーロ圏大型株ETFがVGKからFEZにスイッチングが行われました(2019年2月) 



こんばんは。

本日は2月13日、NISAの日だそうですね。日経新聞の大きな広告で知りましたが、NISAはせっせと投資信託の積み立てを行っているのみです。若者の口座数が増えてきているようですが、早く始めるのに越したことはないですよ!!自分ももっと早く投資を開始していればなぁ、って思いますもん。

さてさて、月初にスイッチングが行われていたTHEOさんですが、今週も立て続けに売買が行われました。今回はユーロ圏大型ETFのVGKからFEZへスイッチングです。

簡単に詳細を確認ですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪

f:id:jun_0017:20190212151307p:plain

今回売却したもの

304-VGK バンガード FTSE ヨーロッパ

f:id:jun_0017:20190213131827p:plain

バンガードFTSE ヨーロッパETF(Vanguard FTSE Europe ETF)は米国籍のETF(上場投 資信託)。FTSEディベロップド・ヨーロッパ・インデックスに連動する投資成果を目指す 。保有銘柄は、欧州の大型・中型株。西欧を中心に投資する。時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定。

f:id:jun_0017:20190212151556p:plain

f:id:jun_0017:20190212152605p:plain

ユーロ圏の大型株のETFです。昨年の8月に急に思い立ったように、5口も購入して、8月、10月、1月と1口ずつ買い増しをしてきました。今月に入り、先週1口売却したかと思ったら、今回は保有口数を全て売却しています。

ドル建てでも円建てでもどちらも損切りという結果になっていますね。どうして今回のスイッチングを行ったのかは、今のところ分かりませんね。報告書が届くのを待つことにします。

年初を底に反発していますが、現在は保有するETFはたいていこのような動きをしています(*´ω`*)

今回購入したもの

304-FEZ SPDR Euro STOXX 50 ETF

f:id:jun_0017:20190213131914p:plain

SPDRユーロ・ストックス50ETFは、米国籍のETF(上場投資信託)。ストックス50リターン指数(米ドル)のパフォーマンスに連動する投資成果を目指す。サンプリング手法を用いて保有銘柄のウエートを算定し、欧州優良株を保有する。

f:id:jun_0017:20190212151631p:plain

f:id:jun_0017:20190212151647p:plain

f:id:jun_0017:20190212153138p:plain

こちらもユーロ圏の大型株ETFです。今まで保有していたVGKを売却して新たにFEZを購入していますが、完全にユーロ圏のETF同士でのスイッチングが行われていますね。VGKを7口を362.53ドル売却し、FEZを11口を384.69ドル購入していますね。差額の20ドル分を欧州株の比率を高めたかったんでしょうか。

中身を調べてみるとオーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリスの16カ国の銘柄で構成されるVGKに対して、主にFEZはアイルランド、イタリア、オランダ、スペイン、ドイツ、フィンランド、フランス、ベルギーの9カ国。

イギリスが入っているかいないか、というところでスイッチングしましたかね?ブレグジットの影響を考えた可能性もありそうですね。ただ、欧州全般で大混乱になる気がしますけどね(*´ω`*)

ロボアドバイザー投資1年目の教科書

ロボアドバイザー投資1年目の教科書

今日の段階でグロースセクターが58.80%→59.18%、インカムセクターが27.94%→28.20%、インフレセクターが11.48%→11.54%、残金が1.79%→1.08%と資産配分が変動しています。

f:id:jun_0017:20180316134415p:plain

資産運用方針の図。

今回も概ね方針通りの配分となっています。口座に少しだけ現金が残っていますが、ぎりぎりまで使ってくれていますね。次回は毎月の積立額の着金後の売買ですね。今月はちょっと取引が多くなりそうですね。引き続きコツコツ、頑張りましょう(*´ω`*)

ロボアドバイザーの口座開設はこちらから

THEO