じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

外貨建MMF 再投資のご案内 (兼)支払通知書が届きました(2018年8月)



こんにちは。

11時半に起きました。平日は睡眠が足りていないのか、予定のない週末は結構爆睡してしまいます。昨夜は寝落ちたのは0時くらいだったのになぁ。11時間睡眠ですか。一度も起きることなくノンストップでした。夢はたくさん見た気がしますが、ほとんど覚えていません(笑)。

さてさて、毎月最終日に受領する外貨建てMMFからの分配金を更新です。

f:id:jun_0017:20180831191001p:plain

ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(米ドル)

f:id:jun_0017:20180831191013p:plain

2017年11月 2円

2017年12月 3円

2018年 1月 3円 

2018年 2月 3円 

2018年 3月 3円

2018年 4月 4円

2018年 5月 5円

2018年 6月 6円

2018年 7月 7円

2018年 8月 6円 NEW!!

 

今回で10回目の分配金の受領となります。Appleの配当金をそのまま放り込んでいますが、5,081口分の分配金を受領しています。口数は先月よりも増えているのですが、分配金は0.06円と減っていますね。金額にして前月比マイナス1円(笑)。

これまでの約定履歴

f:id:jun_0017:20180901113944p:plain

昨年末に初めてほったからしにしてあったAppleの配当金を外貨建MMFに突っ込んで、それからはAppleの配当金を受領して10米ドル貯まったら放り込んでます。とは言ってもまだ、初回以外は5月にようやく10米ドル円貯まったばっかりなんですけどね(笑)。一回の配当金が4米ドル弱なので、3回の配当金を受領して初めて買い付けができる計算です。

一度売却しても大丈夫?

今保有している外貨建MMFは手数料はかかりません。SBI証券の取引ページでも売買手数料はなし※ただし、売買にかかる為替取引には所定の為替手数料がかかります。と書かれてあります。

一度全部売却して、10米ドル以下の配当金と合算して再度購入というのは損をしないんでしょうか。手数料は掛からないのなら問題ないのかしら。注意点としては、NISA口座では購入できず、特定/一般口座での取引になっているので、利確をしたらその分税金が引かれてしまうってところだけですかね。今現在、円建てでは為替の動きで含み損が発生していますが、売却しても税金は取られないのかな。ただ外貨建てでは分配金の受領のみは増えているので、その分、外貨の税金が取られるのかしら。

f:id:jun_0017:20180901115441p:plain

一番下には利回り16.527%と輝くトルコリラ建てのMMFがありますが、怖くて手出しできません(笑)。

同じ米ドルの外貨建てMMFにも複数ファンドがあり、今保有しているものよりもブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド(米ドル)の方が利回りが高いですしね。全て売却してこちらに乗り換えてみようかな。乗り換えると損益がうやむやになりそうな気がするけど、元々米ドルでもらったものに対して円建てで損益計算しているだけなのであまり気にする必要はないかもしれませんね。外貨では普通に税金は取られるのかな。人柱になるしかないか(笑)。

あ、そういえばNaverから受領していた配当金が992KRW放置されているのを思い出しました。為替手数料がかかってもこれは処分だなぁヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪