じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

積立投資信託の36か月目の約定(2018年2月)



こんばんは。

毎月恒例、積立投資信託の買い付けウィークです。今日までに13銘柄の約定、1銘柄注文中となっています。

今月も14銘柄に積み立て予定

f:id:jun_0017:20180221172824p:plain

f:id:jun_0017:20180221172838p:plain

f:id:jun_0017:20180221173111p:plain

今月で36回目の約定になります。先月購入銘柄の見直しを行ったため、見直しから2回目の購入となります。昨年までとは1銘柄減って14銘柄、配当貴族シリーズは11回目の積み立てとなりました。国内、米国の大型株式、小型株、欧州の大型株式、債券、新興国の株式、債券、先進国リート、ヘッジファンドの12銘柄に加え、国内、米国の配当貴族シリーズを加えた14銘柄のラインナップとなっています。三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは本日約定の予定です。

i–mizuhoインデックスシリーズ繰上償還(予定)および約款変更のお知らせ

年末までは欧州株式型として三井住友-欧州株式指数ファンド(信託報酬 0.7128%、信託財産留保額 0.3%)と明治安田-明治安田欧州株式ファンド(信託報酬 1.836%)の2銘柄を積み立てていましたが、1月から1銘柄に集約して、ブラックロック-i-mizuho欧州株式インデックス(信託報酬 0.6156%)を積み立てを開始していました。ここで一つ問題。

www.mizuhobank.co.jp

1.繰上償還について

下記10ファンドにつきまして、受益権の総口数が当該投資信託約款に定められた口数を下回っており、現在の純資産総額では適切な運用を維持することが困難な状況となっております。そのため、投資信託約款の規定に基づき信託終了日を繰り上げ、2018年4月27日をもって信託を終了する予定としておりますことをお知らせいたします。

 

i–mizuho先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)
i–mizuho先進国インフレ連動債券インデックス
i–mizuhoオーストラリア債券インデックス
i–mizuhoハイイールド債券インデックス(為替ヘッジあり)
i–mizuho先進国株式インデックス(為替ヘッジあり)
i–mizuho欧州株式インデックス
i–mizuhoオーストラリア株式インデックス
i–mizuho東南アジア株式インデックス
i–mizuho中国株式インデックス
i–mizuho先進国リートインデックス(為替ヘッジあり)

SBI証券からも封書が届いていました。銘柄選定のときに気にしていませんでした。受益権の総口数が当該投資信託約款に定められた口数を下回っているという理由で繰上償還を予定しているようです。

www.junvestment-diary.com

www.junvestment-diary.com

昨年の夏にユーロ・ボンド・ポートの繰り上げ償還のお知らせが届き、経験をしています。前回は売買をせずに償還を迎えて結果的には利確となっていました。1月から積み立てを始めたのですが、現在マイナス推移、-4.12%となっています。まぁ、金額にすると-279.95円なんですけどね。せっかくのNISA口座で損益通算は出来ないので出来れば利益確定をして終わりたいところですね。2018年4月27日をもって信託を終了する予定とあるので、まずは来月からの積立銘柄を選定しないといけませんし。

SBI証券のポートフォリオ一覧には24銘柄が並んでいますし、昨年までの積立銘柄の整理も行いたいんですけどね・・・。ただこれはしくじっちゃいましたね。

投資信託を見直そう

投資信託を見直そう

 

 タイムリーな本のタイトルでちょっと惹かれます(*´ω`*)