じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある既婚リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、ロボアドバイザー、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

投資信託の目論見書は信託期間と繰上償還に目を通そう


こんばんは。

今日がお仕事の方はどのくらいいるんでしょう。通勤時間帯の電車が遊びに行く方が多く、いつもより混んでるように感じました。意外と5月1日、2日はお休みの方が多いのかもしれませんね。うらやましい限り。社畜は両日ともに通常出勤。

さてさて、今日はi-mizuho欧州株式インデックスの早期償還金でフィデリティ・欧州株・ファンドに買付注文を入れました。

f:id:jun_0017:20180501144827p:plain

ブラックロック-i-mizuho欧州株式インデックスの早期償還が決定したようです。今月の23日申込分より買付停止となり、来月の4月20日申込分より売却停止になるようですので、来月以降の積立銘柄を選定しなくてはなりません。今日現在でも含み損推移ですし、ブラックロック-i-mizuho欧州株式インデックス自体は償還までほったらかしにしておきましょう。

欧州株式型の新たな投資信託の選定と楽天みらいファンドから運用報告書(2018年01月22日決算)が交付。 - じゅん@投資家志望の投資日記

4月27日に早期償還がなされ、明日、9,594円が償還金として入金をされます。入金と同時にフィデリティ-フィデリティ・欧州株・ファンドを購入しようと今日注文を入れました。お金の流れだけで言うときれいに相殺されます。特に意味はないですが、ずれなかったことに喜びは感じます(笑)。

f:id:jun_0017:20180501145946p:plain

目論見書にはちゃんと書かれてあったんですね

f:id:jun_0017:20180501151841p:plain

1月、2月、3月とたったの3回だけの買い付け、分配金も一度も頂くことがありませんでした。4月27日に償還、NISA口座で-600円(-5.88%)の強制損切りです。銘柄を検討しているときには、早期償還はあまり考えていませんでした。SBI証券の銘柄個別ページを確認して、無制限だと思っていましたからね。ただ目論見書にはちゃんと書かれてありました。

信託期間:無期限(設定日:2013年9月3日)

※信託終了(繰上償還)が決定した場合には、2018年4月27日までとなります。

繰上償還:当ファンドは、換金により受益権の口数が30億口を下回ることとなった場合、またはファンドを償還させることが投資者のため有利と認められる場合、その他やむを得ない事情が発生したとき等には、信託期間の途中でも信託を終了(繰上償還)させる場合があります。

f:id:jun_0017:20180501153101p:plain

 i-mizuho欧州株式インデックス 追加型投信/海外/株式/インデックス型 投資信託説明書(交付目論見書) 2018年2月3日

目論見書には信託期間が無制限ではあるが、繰上償還の可能性があることがしっかり書かれてあります。多分、ここを見落としていますね。ちなみにフィデリティ-フィデリティ・欧州株・ファンドも同様にファンドの受益権の残存口数が30億口を下回った場合等には、繰上償還となる場合があります、と記載がありましたが、今のところ大丈夫そうでした。今回はちゃんと確認して注文を入れましたよ(*´ω`*)

目論見書って購入前に目を通すことはやはり大事だなぁと思いました。隅々まで読むことはなくとも、次回からは今回のようなことにならないように信託期間、繰上償還の欄はまず目を通そうと思います。