じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある独身リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、THEO、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

投信収益金償還金のご案内を受領/初めての投信の早期償還


こんばんは。

先日からユーロ・ボンド・ポートの繰上償還について、いくつか書いてきましたがついに繰上償還の日を迎えました。今回、「初めて投信収益金償還金のご案内」という電子ポストを受領しました。

f:id:jun_0017:20170928165338p:plain

「ユーロ・ボンド・ポート」繰上償還(信託終了)(予定)のお知らせが届きました - じゅん@投資家志望の投資日記

「One-ユーロ・ボンド・ポート」が償還で買付停止になったので積立銘柄を変更 - じゅん@投資家志望の投資日記

初めての体験なのでしっかりと確認をしてみます。

投資信託償還金のお知らせ

f:id:jun_0017:20170928131726p:image

左上は名前、右上は口座番号になっているのでモザイク処理を行いました。

ユーロ・ボンド・ポートからが繰上償還ということで投資していたお金が戻ってきました。35,503円ですけどね。ただこのお知らせだけを見ても損益は何も分からないんですね。SBI証券のポートフォリオ一覧の中からもすでに償還をされているので既に消えています。

■投資信託

09/23(土) ポートフォリオ一覧  第38週目 - じゅん@投資家志望の投資日記

f:id:jun_0017:20170924234251p:plain

 毎週備忘録として付けているポートフォリオ一覧が役に立ちました。この画像を見るとユーロ・ボンド・ポートの取得単価と原価が分かりますからね。

取得原価は35430.66円ですから、35,503円の償還金を受領したってことで72.34円の利食いとなったわけですね。ジュースも買えないくらいの含み益ですね。まぁ、地道にコツコツ国内、欧米、新興国の株式型、債券型、先進国リート型、ヘッジファンド型そして日米の配当貴族インデックスの15銘柄をコツコツ積み立てているので、全体で含み益になっていたら問題はありません。

償還乗換優遇措置とは??

先ほどの償還金のお知らせに気になる文言がありますね。

2017年12月29日までに新しい投資信託を弊社で購入される場合には、償還乗換優遇措置をお受けになることができます。

「償還優遇」とはどういうものですか?|よくあるご質問Q&A|SBI証券

償還乗換優遇措置というものがあるようですが、よく分からなかったのでSBI証券のQ&Aの確認してみました。

「償還優遇」とは、お客さまが保有されていた投資信託(※)が償還となり、その償還金額を使って償還優遇適用期間内に「償還優遇」の適用となる新たな投資信託をご購入される場合に、償還金額の範囲内で購入される分については募集・販売手数料が無料、もしくは割引となる制度です。

※当社取扱いの投資信託のうち、原則以下の投資信託は償還優遇枠の付与、およびご利用はできませんのでご留意ください。
・公社債投資信託
・外国籍投資信託
・インターネットコースの販売手数料が無料(ノーロード)の投資信託 
・その他、当社が対象外とした投資信託

 償還金額の範囲内で別の投資信託を購入する際に、手数料が無料、または割引になる優遇措置のようです。当然期限は定められているようで、また償還優遇枠は口数買付のみ、金額指定は優遇枠はないようですね。ただ償還がなければじーっと保有をし続けていたはずで手数料は発生をしていなかったわけで、望まない償還だった今回のケースを考えるといいサービスですね。

<償還優遇適用期間>
■償還優遇適用注文受付開始

保有されていた投資信託の償還日の翌営業日の申し込み

■償還優遇適用注文受付終了

償還日を含む月の翌月から3ヵ月目の月末最終営業日当日締めの申し込み

例)6月15日が償還日のケース償還優遇適用期間:6月16日申込み分から9月の月末最終営業日当日締めの申し込み分まで

 対象ファンドには償還優遇の適用という欄に「あり」、または「なし」と表示があるようです。自分の場合は、欧州債券型の投信はニッセイ-ニッセイ/パトナム・ユーロインカムオープンを次は積み立てるようにしています。

確認をしてみると・・・

f:id:jun_0017:20170928163249p:plain

償還優遇の適用は「なし」、適応されないようですね。よくよく考えたらOne-ユーロ・ボンド・ポートはネットでのインターネットコースの販売手数料が無料(ノーロード)の投資信託に該当し優遇措置枠そのものがありませんでした。またニッセイ-ニッセイ/パトナム・ユーロインカムオープンももともとノーロードの投信なので優遇してもらう売買手数料自体が無料となっていました(笑)。

今回のケースは優遇措置は付与もされないし、適用もする必要もないということですね。

償還金をそのまま欧州型債券へ投資

f:id:jun_0017:20170928164235p:plain

欧州型債券としてこれまでユーロ・ボンド・ポートをコツコツ積み立てましたが、代わりの銘柄は8月よりニッセイ-ニッセイ/パトナム・ユーロインカムオープンと決めて積み立てを開始しています。

積立投資信託の30か月目の約定(2017年8月) - じゅん@投資家志望の投資日記

償還金をそっくりそのまま金額指定でパトナム・ユーロインカムオープンへ注文を出しました。長期保有を前提の積み立て投資信託ですが、今回のイレギュラーな早期償還の対応はこれで終了となります。

また来月からも地道にコツコツと積み立てて行きます( *´艸`)