じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある独身リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、THEO、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

Sony Bank GATEの口座開設してみた/投資型クラウドファンディング

こんばんは。

今日、投資型クラウドファンディング『Sony Bank GATE』サービス開始!◆ソニー銀行からのお知らせ◆というメールを受信していました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【「資産運用」×「共感・応援」という新しいカタチの金融商品】
Sony Bank GATE のサービスを開始しました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

平素はソニー銀行をご利用いただき、厚く御礼申し上げます。

8月8日(火)より、投資型クラウドファンディング
『Sony Bank GATE(ソニーバンクゲート)』を開始しました。

「Sony Bank GATE」は、投資型クラウドファンディングのプラットフォームであり、お客さまはベンチャー企業などが挑戦する新規事業に出資して、事業の売上高に基づくリターン(分配金)を受け取ることができます。

新しい事業にチャレンジする企業の成長を「資産運用」×「共感・応援」という新しい形で支援する金融商品です。


☆━━━━━━━━━━━━━━━☆
 第1号ファンド IoTデバイスeRemote pro事業化ファンド 募集開始
☆━━━━━━━━━━━━━━━☆

8月8日(火)より、Sony Bank GATEの第1号ファンドとして、
株式会社リンクジャパンのIoTデバイスeRemote pro事業化ファンドの
募集を開始しました。

eRemote pro は、スマートフォンやWi-Fiと連携させることにより、
外出先からでも「赤外線リモコン付き家電」が操作できるIoTデバイスです。eRemote pro を完成させ、成長著しいスマートホーム市場の獲得を目指します。

今はほとんど使ってはいませんがソニー銀行の口座は以前に定期積立をしていたので持っていました。せっかくなので、中身を確認してみました。

Sony Bank GATEにログイン

f:id:jun_0017:20170808141640p:plain

ソニー銀行にログインすると分かりやすく、Sony Bank Gateというバナーが目につきました。取り引き前の、本商品の特徴や注意事項をご理解いただくための確認手続きを確認します。投資型クラウドファンディングをお取り引きするにあたり、本商品特有の特徴や注意事項をご理解いただくため、以下の質問にご回答ください、と12問の質問に答えました。

・リターンは保証されていない

・申し込み取り消しは一定期間内しかできない

・出資金の所有権は出資時に投資先企業に移転し、契約の定めがある場合を除き返還請求をできない

・契約後中途解約ができない

・出資金に相当する金額は保証されておらず、損失となる場合がある

・分配金の総額が出資金総額を下回ったり、全く支払われなかった場合も、ソニー銀行からの補てんは行われない

・取り扱うファンドはベンチャー企業などが中心となるため、事業成績は変動する可能性が高く、比較的高リスクの商品である

・出資にあたってはリターンの追求よりも、出資する会社やその行う事業に対する共感または支援を目的として検討をするべきで、短期間で利益を得るような目的には向かない

いつもの投資を行うときの確認と同様、リターンは保証されていないし、損失となっても自己責任ですよってやつですね。クラウドバンクFUNDINNOの口座開設のときにも同じようなことが書かれてあったはずですね。ソニー銀行の口座を保有していたので、この確認作業でSony Bank GATEは有効になるようです。

eRemote proとは

f:id:jun_0017:20170808161427p:plain

eRemote Pro|IoT 家電 スマートホーム・スマートハウス|Link Japan |でも今日発表されたようですが、eRemote proは12月に発売が予定されています。エアコンの電源をこのeRemote Proを介してコンセントを繋ぐことによってエアコンの稼働状況の可視化実現した商品とのことです。そしてエアコンだけではなく、メーカー・年式・型番関係なく、赤外線リモコンが付いている家電であればスマホでコントロールすることができます。「エアコン」「TV」「照明」「扇風機」「加湿器」「お掃除ロボット」「オーディオ」など、自由にどこからでもコントロール可能とのこと。

今のところ、個人的にはスマートホーム系のガジェットは何も持っていないので、無ければないで問題はなさそうですけど、確かに新居にあれば便利な商品ですね。

スマートホームIoTデバイスeRemote pro事業化ファンド

f:id:jun_0017:20170808145826p:plain

1口50,000円からの出資となるようです。FUNDINNOの案件より比較的最低投資金額は安いですね。ただ今日から申し込みが始まった割には、もう何口か投資申し込みは行われているんですね。新しいものに飛びついて投資をする層っていうのは一定数いるんですね。自分も似たようなものですけどね。

実際に投資をした場合は、2017年09月01日~2018年07月31日の会計期間内での売上高に対する事業計画達成率の進捗によって、分配金が支払われるようです。事業計画売上高を会計期間中早期に達成した場合、会計期間を繰り上げて終了とし、分配金を当初の予定よりも早く支払われるようです。

f:id:jun_0017:20170808155203p:plain

新しい投資案件っていうのはなんだかワクワク楽しいですね( *´艸`)

蛇足ですが、出資特典のeRemote proを1台頂くためには4口の出資が必要なようですけど、出資特典が欲しいだけなら普通に購入したほうが無難ですね(笑)。