じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある独身リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、THEO、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

FUNDINNO(ファンディーノ)からの第四号案件のお知らせメールを受領


おはようございます。

先週に引き続き立て続けにFUNDINNOからメールを頂きました。第四号案件のお知らせメールでした。

まだ一度も投資申し込みは行なっていませんが、今回は浦和レッズを引退した鈴木啓太さんが社長の会社とのこと。浦和のサポーターは投資をするのかなぁってちょっと思いましたがどうでしょう。

ただ今回は8月10日からの投資開始とのことでまた申し込みが始まっていません。どんな内容の会社だろうとFUNDINNOにログインしてチェックです。

口座開設は↓から行えます!!

AuB株式会社

f:id:jun_0017:20170806110734p:plain

アスリートの腸内細菌を研究し、アスリート菌を発見する!

腸内フローラとは、人間のお腹に100兆個あまり、重さにして1-2kgも「住んで」いる腸内細菌の生態系のことです。この腸内細菌たちが、私たちが食べたものを分解し、その産生物を腸が吸収しています。
この5-10年の技術的な進歩で、個人個人の腸内フローラの違い(どんな菌がどんな割合で住んでいるのか)がわかるようになってきました。さらに、ダイエット、アレルギー、メンタルなど、我々にとってとても大きな影響を与えていることが分かってきました。
AuB株式会社は、アスリートのコンディション維持・向上のためにアスリートの腸内フローラを解析し、 各選手の課題に応じたアドバイスをしています。そしてさらに、超健康体であるアスリートの腸内フローラにどのような特徴があるのか研究し、 その研究成果をもとに一般向けの様々な商品やサービスを開発しています。2017年7月現在で、300人のプロスポーツ選手から便サンプルを頂き、 どのような競技、選手の腸内に、どのような菌がどの程度生息しているのかを解析してデータベース化しました。
”アスリート菌”という商標も既に取得しました。それらをもとに、どうすれば一般人が少しでもアスリートに近づけるか、という課題を解決する商品とサービスを提供していきます。

現在は、食品メーカーなどの大手企業の商品についての受託研究や、腸内フローラ解析のサービス開発、美容関連の商品開発を行っているとのこと。今回のFUNDINNOで資金調達で得た資金は、アスリートの腸内フローラの解析及び研究を深め、その結果を踏まえたサプリメントの製品化と、サプリメントの更なる商品開発及びその特許の取得を目指すようです。

最低投資額は

投資金額のコースおよび株数は10万円コース (2,000株)、30万円コース (6,000株)、50万円コース (10,000株)となっています。今回も目標に掲げてあるIPOが達成されれば、成功ですがあくまで目標のような位置付けなので当たるも八卦当たらぬも八卦ですね。リスクは前回同様しっかりあります。

・非上場の会社が発行する株式であるため、取引の参考となる気配及び相場が存在せず、換金性が著しく劣ります。

・AuB株式会社株式は譲渡制限が付されており、当該株式を譲渡する際は株主総会の承認を受ける必要があるため、当該株式の売買を行っても権利の移転が発行者によって認められない場合があります。また、換金性が乏しく、売りたいときに売れない可能性があります。

・発行者は、アスリートの腸内フローラに対する研究開発活動に努めていますが、研究開発の途上においてサプリメントの商品化にむけての水準を充たさないことが判明し、研究開発計画及び研究結果を踏まえた販売計画に影響を与える可能性があります。 また、現時点では、アスリートの腸内フローラに対する研究開発活動を香川大学の桑原知巳教授に依存している面があり、同氏に不測の事態が発生した場合、発行者の研究開発活動に支障が生じる可能性があります。

今回のFUNDINNOでの株式投資型クラウドファンディングが成立した場合、株式の発行価格の総額の内、3,000万円までの金額に対する20%相当額に、3,000万円を超える金額に対する15%相当額を加えた金額(税込)がFUNDINNOの手数料として発行者から当社に支払われます。やっぱりFUNDINNO自体に投資するのがなんとも得策な気がしてなりませんヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪