じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある独身リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、THEO、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

JPホールディングスから株式関係書類が届きましたよ。


こんにちは。

九州、福岡は雨です。

 

昨夜はウエールズvsスロベニアを最後まで観戦してしまい、今日の社会人サッカーは寝不足だぁって思ってましたが、雨のため中止となりました。

 

こんなことならイングランドvsロシアも観ればよかったなぁ。でもテロは起きてないものの、フーリガンが人を刺して意識不明とのこと。サイテーです。

 

次節のイングランドvsウエールズは楽しみ。同じイギリスなのに4つの地域でサッカーの国際大会に出るなんてやっぱり不思議。北アイルランド、スコットランド、ウエールズ、イングランド。

 

EU離脱か否かの国民投票はこの4地域での投票ってことですよね。イギリスですもん。地域的にバラけたりして独立世論とかにならないんだろうか。欧州は近年ときどき独立の是非を問う国民投票合ってますしね。

 

サッカーから無理やり経済ネタをねじ込んだところで、JPホールディングスからの株式関係書類を確認しましょう。

 

JPホールディングス

 f:id:jun_0017:20160612111602j:image

第24回定時株主総会招集通知です。なんだか封書がちょっと汚れちゃってますが・・・。6月29日(水)10時より名古屋市の桜華会館にて行われるとのこと。

ネットで議決権の行使を行います。

 

議案1

余剰金の処分の件

 

第24回期末配当は5円/株にします、とのこと。 昨年は4円/株だったので増配ですね。ありがとうございます!!

 

議案2

取締役8名選任の件

 

経営体制の一層の強化を図るため、1名増員の選任です。取締役って増員したらコストは1名分増えるんですよね(*´ω`*)

 

事業報告

第24期の連結決算は売上高前年同期比15%、営業利益同28.2%、経常利益同15.2%、当期純利益同19.1%増。

 

保育園を運営するJPホールディングスにとって、子育て支援事業を取り巻く環境は待機児童の解消に向けた自治体による保育園増設の動きが広がり、かつ、政府の掲げた「待機児童解消加速化プラン」の保育の受け皿拡大の整備目標が40万人分から50万人分に上積みされ、引き続き市場規模の拡大が見込まれることとのこと。

 

平成27年4月の全国の待機児童は、5年ぶりに増加に転じ23,167人。しかし保育園を作れば簡単に解決する問題でもなく、保育士不足も引き続き継続中。

 

JPホールディングスとしては、積極的に保育所、学童クラブよ開設に努め、平成28年の3月末には保育所159園、学童クラブ55施設、児童館は10施設と子育て支援施設の合計は224ヶ所。

 

少子高齢化が進む中での保育所の新規開設。判断としては難しいところですが、現在待機児童が溢れている今が頑張りどきなのかもしれません。ただ、保育所の新規開設ではなくて、既存施設の保育士を増やし受入児童数を拡大に努めると書かれてますが、その保育士不足はどう対応するのだろう。

 

ここしばらく保有していますが、今後を見据えると「日本死ね」で盛り上がったときに売却が良かったのかもしれませんね。今後も長く持ち続けても明るい未来は来ないような気がしてきました。