読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅん@投資家志望の投資日記

30代、資産運用に興味ある独身リーマン。株、投資信託、純金・白金積立、外貨預金、ふるさと納税、THEO、クラウドファンディング等いろいろやってるブログです。

社長がインデックスファンドを勧められて、相場観を自分に聞いてきた!!

ひとりごと

こんにちは。

ゴールデンウィーク明け、初日ですね。

 

昨日は家の庭の畑を耕して夏野菜を植えました。

父親が泊りで仕事だったもので、母の日ってこともありお庭で二人で七輪を囲んで軽めのBBQ。

 

そんなことをしていたもんだから、ちょっと、しんどい月曜日です。

 

今日の夕方に弊社の担当銀行員さんが社長と一緒に来訪。

前回、保有している投信を教えて頂いた方です。

 

investmentdiary.hateblo.jp

 

これから日経平均どうなると思う??

自分は今日は作業をしていたので、特に同席をすることはなく。

GW明けの溜まっていた事務処理等に勤しんでいました。

 

おもむろに名前を呼ばれ、社長が突然。

 

「○○君、日経平均は今後どうなると思う??」

 

こんなアバウトな質問をしてきました(笑)。

まぁ、この会社に入社する前はちょこっとだけ株屋さんをしていたってことは社長も把握をしているので聞いてきたんでしょうけど。

 

そんな漠然な質問・・・。

困りますね。

 

隣では投資信託を買ってもらいたい銀行員さんも同席の中。

総悲観の話をしても彼の顔は立たないし、楽観的な相場観もなんだか真実味に欠ける・・・。

 

ちなみに銀行員さんのお勧めのインデックスファンドは日経平均より成績はようようです。パンフレットをちらっと見て投信の名前だか暗記しました(笑)。

 

左がその投信と右が日経平均の比較表。

f:id:jun_0017:20160509192711p:plain

 

「当たるも八卦、当たらぬも八卦。個人の相場観ですよ!!」

 

とりあえず、そう前置きをした上で自分もそうだと思ったカブ四季総会で聞いた相場観を伝えてみました。

 

①本格化してくる決算シーズン、この急激に進んだ円高のために業績予想は下方修正、または控えめになるだろう

 

②控えめな業績予想が出る中、悲観的になり5月、6月は日経平均は15,000円割れの瞬間も来るかもしれない

 

③消費増税の動向によっては反発もありうる

 

investmentdiary.hateblo.jp

 

この話に社長も納得をしていた様子。

 

「僕も15,000円割れは一度あるんじゃないかなぁと思ってるんだよ」

 

「でも消費増税は多分できないだろう?多分選挙前に撤回するよ!!」

 

社長も同じ相場観だったようでホッとしました(笑)。

でも業務中になんだ、この株トーク!!!

でもネット証券のNISA枠で買えば手数料無料ってことは言えなかった。

 

「だったら今月末くらいは買い時じゃないですか!!!!?」

 

銀行員さん、さすがあなた、営業マンだよ!!!